全米大学体育協会(NCAA)1部のバスケットボール男子でゴンザガ大の八村塁(21)が15日、4年生となる来季は同大でプレーせずにプロで世界最高峰のNBAを目指すことを表明した。米メディアによると、6月20日のドラフト会議で上位指名の有力候補とみられる。

NBAでは大学卒業を待たずにドラフト対象選手となる「アーリーエントリー」制度があり、ドラフト60日前の今月21日までに意思を表明する必要があった。八村は自身のツイッターで「今回、NBAドラフトにエントリーすることを家族とコーチと話し決断しました」とコメントした。

西アフリカのベナン人の父と日本人の母との間に富山県で生まれた八村は、宮城・明成高時代に全国高校選抜優勝大会3連覇を達成。ゴンザガ大進学後も着実に成長し、今季は中心選手としてウェストコースト・カンファレンス(WCC)のレギュラーシーズン7連覇に貢献してWCCの最優秀選手に輝いた。3年間の充実した大学生活を「自分の人生において素晴らしい経験でした。そこで新たに大きく、僕の夢に近づくことができました」と振り返った。

全米大学選手権(NCAAトーナメント)では準々決勝で敗退したが、全米バスケットボール記者協会などでベスト5選手に選出された。