日本自転車競技連盟が定めたロードレース女子の20年東京オリンピック(五輪)代表の選考基準を巡り、16年リオデジャネイロ五輪女子代表の与那嶺恵理が基準の男女差を不当として見直しを求め、日本スポーツ仲裁機構に仲裁を申し立てたことが17日、分かった。

与那嶺の代理人を務める弁護士は「女子は期間が短くてレースも限定されている。(与那嶺は)男子なら現時点で事実上の代表確定だが(女子なので)ゼロ評価」と指摘し、基準の違いを批判。日本連盟は「男子と女子は選手やレースの数が異なるため、選考基準の統一は考えていない」と説明している。