バレーボール女子の国際大会、モントルー・マスターズは18日、スイスのモントルーで決勝が行われ、今季初の大会に臨んだ日本はポーランドに1-3(15-25、25-22、17-25、24-26)で敗れて準優勝だった。日本は鍋谷(デンソー)と長内(日立)がチームトップの15点を挙げたが、ポーランドの高さに屈した。

各部門の最優秀選手にウイングスパイカーは鍋谷、リベロは小幡(JT)、セッターは関(東レ)が選ばれた。

中田久美監督の話 若手を積極的に起用しながら結果も重視して強化している最中。課題も大きな収穫もあった。(初代表の)関や長内がよく頑張ってくれた。