平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ(17)が、故郷の中部イジェフスクに帰省した際に自動車を無免許運転した疑いがあるとして、地元警察が捜査していることが分かった。警察当局が20日、共同通信に明らかにした。

ザギトワ選手は1日、写真共有アプリ「インスタグラム」に、人けのない道で車を運転する動画を投稿した。ロシアでは18歳から免許取得が可能だが、ザギトワ選手は18日に17歳になったばかり。容疑が確定すれば5千~1万5千ルーブル(約8500~2万5500円)の罰金が科される。警察当局は「1カ月以内に捜査結果が確定する」と語った。

ロシア・フィギュアスケート連盟の関係者は「愚かな行動で、運転できない年齢と知らなかったのだろう。罰金を支払い、二度と無免許運転はしないと反省するはずだ」と話した。動画はイジェフスク郊外の家庭菜園付き別荘に向かう際に撮影されたもので、車は両親所有という。

20日現在、動画はザギトワ選手のインスタグラムから削除されている。ザギトワ選手はアイスショーに出演するため21日に日本へ出発する。