13歳の中山楓奈が決勝で6位と健闘した。45秒間で技を連発する「ラン」は2回ともミスが目立ったが、一発技を競う「ベストトリック」で挽回し「最初にレールの技を決められて良かった」と手応えをつかんだ。

今月中旬の日本選手権で優勝して勢いに乗る。手すりでは車輪の金具1本だけに体重を乗せて滑り降りる応用技を見せ、能力の高さを示した。「緊張した。百点満点で50点くらい」と厳しく自己評価したが、15歳で迎える東京オリンピック(五輪)での活躍も期待される。