来年の東京オリンピック(五輪)で新採用されるスケートボードの五輪予選対象大会、デュー・ツアーは各種目決勝が行われ、パークの女子は12歳の岡本碧優が63・16点で優勝した。

岡本碧優(おかもと・みすぐ)小学2年からスケートボードを始め、昨年11月に南京(中国)で開かれたパークの世界選手権で5位入賞。12月から男子の有力選手、笹岡建介(Proshop Bells)の実家に下宿して練習を積む。今年3月の日本オープン・パーク大会優勝。141センチ、36キロ。愛知県高浜市出身。12歳。