日米の報道陣に囲まれた八村塁は、時折周囲を笑わせながら話した。

-日本人初の1巡目指名が確実視される

「信じられない。僕だけではなく、僕の家族、日本のバスケットにも大きなこと」

-卒業前にドラフト対象となる「アーリーエントリー」制度を決断した

「シーズンが始まる前からこれが最後の年だと分かっていた。誰にも言っていなかっただけ。試合に負けて悲しい気持ちはあったけれど、準備ができていると思って決意した」

-NBAを最初に意識したのはいつか

「中学校でバスケットを始めた時にコーチが『おまえはNBA選手になるんだ』と言ってきた。それを信じた。最初はNBAが何なのかも分かっていなかった。一生懸命を楽しむ、ということでやってきた」

-ドラフト会議への思いは

「(名前を)呼ばれて(コミッショナーと)握手するという、ただのミーティング。NBAに入ってからが大事。子どもたちにいい影響を与えられる選手になりたい」