鈴木俊一五輪相は21日、閣議後の記者会見で、2020年東京五輪チケット抽選で、自らの申し込み分が「残念ながら全て外れてしまった」と明らかにした。秋以降には先着順の販売などが予定されており「次の機会に、もう1度チャレンジしたい」と購入に意欲を示した。

販売枚数や倍率などは明らかにされていないが、開閉会式や競泳などの人気競技は高倍率だったと見込まれる。

鈴木五輪相は、大会組織委員会が公正な抽選を実施したとして「国民も納得している」との認識を示した。競技会場を満員にすることが大切だと強調し「1回目で外れても諦めず、次のチャンスに対応していただきたい」と呼び掛けた。