日本レスリング協会は22日、来年の東京オリンピック(五輪)階級で9月の世界選手権代表を決めるプレーオフ(7月6日・和光市総合体育館)を一般入場者なしで開催することを明らかにした。

女子57キロ級は五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)と16年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)の再戦で注目度が高いが、会場の収容人数が約700人と少ないため、関係者や家族を除いて入れないことになった。また、この日東京都内で理事会、評議員会を開き、役員改選で福田富昭会長(77)を再選した。任期は2年。