NBAのドラフト会議でウィザーズから日本人初の1巡目(全体9位)で指名された八村塁が25日(日本時間26日)から3日間、本拠地ワシントンで行われるミニキャンプに参加することが決まった。

ウィザーズが公式ツイッターで発表した。ミニキャンプには、ウィザーズで52試合に出場した19歳のトロイ・ブラウンや、下部Gリーグのキャピタル・シティー・ゴーゴーでプレーした20代の選手ら、八村を含め若手中心の計20人が参加する。チームによると八村はまだ正式な契約を結んでいないが、7月5日からネバダ州ラスベガスで開催され、若手選手がしのぎを削るサマーリーグに向けて調整する。初戦は6日(同7日)にペリカンズと対戦する。