4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権(7月1日開幕)に男子シングルスの第8シードで出場する世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)が26日、ロンドンでエキシビションマッチに出場し、世界28位のリュカ・プイユ(フランス)に7-5、7-6で勝った。

錦織は全仏オープンで右上腕を痛め、芝コートで行われる前哨戦のノベンティ・オープンを欠場。この日は芝コートで軽快な動きから華麗なショットも見せ「右腕はもうほぼ大丈夫。休めてメンタル的にもリフレッシュできた」と明るい表情で話した。

ウィンブルドン選手権に向け「去年は芝での感触が良かった。自信を持って臨めれば(上位進出の)チャンスはあるかなと思う」と前向きに話した。