バドミントンのインドネシア・オープンは21日、ジャカルタで各種目の決勝が行われ、女子のダブルスは福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が2連覇を達成し、シングルスは山口茜(再春館製薬所)が初優勝を飾った。

世界ランキング2位の福島、広田組は16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで同4位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に2-0で勝利。世界4位の山口はリオ五輪銀メダリストで同5位のプサルラ(インド)をストレートで下した。今大会はワールドツアーの中で全英オープン、中国オープンと並んで格付けが高く、来年の東京五輪出場権獲得に向けたレースで重要な位置を占める。