米経済誌フォーブスは22日、スポーツチームの資産価値ランキングを発表し、NFLカウボーイズが50億ドル(約5500億円)で4年連続1位となった。

2位は田中将大投手が所属するヤンキースで46億ドル(約5060億円)。前年5位から浮上した。3位は久保建英選手が加入したRマドリード、4位はバルセロナとスペインの2大サッカークラブが続き、5位はNBAニックス、6位は前年2位のマンチェスターUとなった。

上位50チームの内訳はNFLが26チーム、NBAが9チーム、欧州サッカーが8チーム、大リーグが7チーム。NFLは昨年より3チーム減り、その他の競技が1チームずつ増加した。

トップ10は以下の通り。

 

▽1位カウボーイズ(NFL)

50億ドル(約5500億円)4%増

 

▽2位ヤンキース(MLB)

46億ドル(約5060億円)15%増

 

▽3位Rマドリード(サッカー)

42億4000万ドル(約4660億円)4%増

 

▽4位バルセロナ(サッカー)

40億2000万ドル(約4420億円)1%減

 

▽5位ニックス(NBA)

40億ドル(約4400億円)11%増

 

▽6位マンチェスターU(サッカー)

38億1000万ドル(約4190億円)8%減

 

▽7位ペイトリオッツ(NFL)

38億ドル(約4180億円)3%増

 

▽8位レイカーズ(NBA)

37億ドル(約4070億円)12%増

 

▽9位ウォリアーズ(NBA)

35億ドル(約3850億円)13%増

 

▽10位タイ

ドジャース(MLB)

33億ドル(約3630億円)10%増

ジャイアンツ(NFL)

33億ドル(約3630億円)増減なし