男子テニスで元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)が12日、全米オープン(26日開幕)のシングルスを欠場する考えを明らかにした。

米シンシナティで行われたウエスタン・アンド・サザン・オープンのシングルス1回戦で敗れた後に「プレーしないことを決めた」と話した。

臀部(でんぶ)の再手術を受けたため、今大会が1月の全豪オープン以来となるシングルスの復帰戦だった。全米のダブルスではプレーする意向。