2020年東京オリンピック(五輪)のチケット追加抽選販売は19日昼、公式販売サイトでの申し込みが締め切られた。結果は9月11日に発表される。

追加抽選は、1次抽選で1枚も当たらなかった人のみが申し込むことができ、対象者は416万人。サッカーや野球、バスケットボール、ホッケーなど全33競技中20競技の170セッション(時間帯)分の68万枚余りを売り出す。申し込めるのは1人1セッションのみとなる。

当選者は9月24日までに購入手続きを終える必要があり、VISAカードか、コンビニエンスストアで現金で支払う。

約512万人が参加した1次抽選で当選者は96万人にとどまり、落選者から高倍率への不満が出たため、組織委は「救済策」として急きょ追加抽選の実施を決めた。

組織委は誰でも申し込める2次抽選販売を秋に実施。来春には東京都内に販売所を設ける。パラリンピックのチケットは今月22日に1次抽選販売の申し込み受け付けが始まる。