第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)を7-5、6-3、5-7、4-6、6-4で下し、2年ぶり4度目の優勝を果たした。

33歳のナダルは4大大会で19度目の頂点に立ち、優勝賞金385万ドル(約4億1200万円)を獲得した。23歳のメドベージェフは4大大会で初のタイトル獲得はならなかった。

女子ダブルスはエリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組が初制覇した。

◆ナダルの話 試合を全てコントロールできたわけではなかった。厳しい試合だった。本当に勝てないかと思った。今はとてもうれしい。

◆メドベージェフの話 とにかく頑張るしかなかった。頑張れたが、最後に勝ちきることができなかった。忘れられない夜になった。しびれるような経験をした。(共同)