スケートボード・パークの五輪予選対象大会第3戦を兼ねる世界選手権は12日にブラジルのサンパウロで競技が始まる。9日の公式練習では、男子で初の決勝進出が期待される平野歩夢(木下グループ)が技のイメージを膨らませた。女子で予選大会3連勝が懸かる13歳の岡本碧優(Proshop Bells)らも滑りを確認した。

夏冬両五輪出場を目指す平野歩夢は課題とするコース上部の縁「コーピング」を車輪の金具で滑る「グラインド」系の技に磨きをかけてきた。練習熱心で、本格参戦からわずか半年で演技の幅が飛躍的に広がった。

ただ、日本チームの才哲治コーチは「みんな成長が早く、平野が伸びた分、他の選手も上達している」と指摘。今季最終戦で、五輪イヤーへの展望が開けるか。

女子は日本勢の表彰台独占もあり得る。8月のXゲームも勝った岡本はさらに難度を高めた演技構成で挑む。練習ではミスが目立ったが、きっちり決めれば敵は見当たらない。前回覇者の四十住さくら(和歌山・伊都中央高)、予選大会第1戦で3位に入った11歳の開心那(hot bowl skate park)も有力だ。(共同)