男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダリストで63キロ級に出場した太田忍(25=ALSOK)が決勝で昨年王者のステパン・マリャニャン(ロシア)を破り、金メダルを獲得した。

55キロ級で小川翔太(20=日体大)は3位決定戦で中国選手にテクニカルフォール勝ちし、銅メダル。

五輪実施階級で97キロ級の奈良勇太(警視庁)は昨年王者のムサ・エフロエフ(ロシア)に3回戦でフォール負けした。だがエフロエフが決勝に進んだため、16日の敗者復活戦に回った。

67キロ級の高橋昭五(警視庁)は3回戦でデンマーク選手に敗戦。87キロ級の角雅人(自衛隊)は初戦でギリシャ選手にフォール負けし、ともに敗者復活戦に回れず敗退が決まった。

▽太田忍の話 気持ちいい、最高。優勝しないとおかしいと思って臨んだ試合だった。ひとまず良かったが、五輪でどうなるかなっていう気持ちの方が大きい。(共同)