重量挙げの世界選手権は19日、タイのパタヤで行われ、女子49キロ級でエントリー重量下位のB組に出場した三宅宏実(いちご)が途中棄権した。

左脚に痛みを抱えており、スナッチの2回目で75キロに成功したが、ジャークには挑戦しなかった。同級の高橋いぶき(金沢学院大大学院)は、ジャークで3回とも失敗して失格となった。