全日本テコンドー協会の強化合宿に指導体制などに疑問を持つ多くのトップ選手が参加を見送った問題で、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は20日、JOCに作業部会を設けて調査すると明かした。

選手側と協会側の双方に聞き取りを行うという。「選手に不利益になることがないように、という視点で事実確認を進める。必要であれば、いろんな改善、是正を要求するということも出てくるかもしれない」と述べた。

JOCは近年、競技団体のトラブルの多くには深く介入しない姿勢を取ってきたが、今回は統括団体として速やかに対応に乗り出した。山下氏は「われわれはアスリートファースト(選手第一)を掲げている。できることは限られているが、しっかりやる」と強調した。作業部会は福井烈専務理事が取り仕切る。既に協会側への聞き取りは行ったという。

選手側は協会に意見書を提出。強化合宿の招集対象選手の拡大、公式大会前後の所属先コーチとの調整の許可など、強化を取り巻く環境について広く改善を求めている。(共同)