NBAのウィザーズにドラフト1巡目9位指名された八村塁(21)が7日(日本時間8日)、プレシーズンマッチ初戦となる本拠地ワシントンでのニックス戦に先発し、名刺代わりの豪快なワンハンドダンクを見せつけた。計21分10秒の出場で、3点シュート1本を含む12得点を挙げた。

最大の見せ場は後半開始早々に訪れた。9点を追う第3クオーター(Q)残り10分3秒、ドリブルでゴール下に切れ込み、豪快なダンクシュートを左手1本で決めた。

前半劣勢だったチームはこのシュートで追い上げムードを加速させ、一気に同点に追いついた。その後、控え選手中心のメンバー構成となった第3Q途中で退いた。チームは99-104で敗れた。