NBAのオープン戦が9日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでの広州ロングライオンズ(中国)戦に先発して約16分出場し、11得点、7リバウンドと活躍した。7日のニックスとの初戦から2試合連続2桁得点。チームは137-98で快勝した。

マーベリックスとエキシビット10契約を結ぶ馬場雄大は敵地でのピストンズ戦で先発を外れた。

◆八村塁の話 チームとしてしっかりやるべきコンセプトを、攻撃でも守備でもやる意識でできた。攻撃でも守備でもリバウンドでも、どこでも活躍できるところを見せられて良かった。チームの雰囲気もいい感じだと思う。(共同)