海や砂浜を舞台にした総合大会の第1回世界ビーチ大会が行われ、来年の東京オリンピック(五輪)で初採用となるスポーツクライミングのボルダリング決勝で女子は野中生萌(XFLAG)がただ一人4課題(コース)全てを完登して金メダルを獲得した。

男子は原田海(日新火災)が優勝し、渡部桂太(住友電装)が銀メダルだった。

スケートボード・パーク女子は四十住さくら(和歌山・伊都中央高)が初代女王となり、小川希花が2位で続いた。

ビーチサッカー男子の1次リーグでD組の日本はロシアに5-6で敗れ、準決勝進出を逃した。

野中の話 日本選手団の金メダル第1号でうれしい。一つ一つの課題に集中した。暑い中、屋外で登ることは(似た環境の)東京五輪に向けていい経験になる。

原田の話 優勝はうれしいが、4課題全部登りたかった。登れた課題もトライ数を減らせた。素直には喜べない。

四十住の話 優勝したけど全力を出し切れなかったのでちょっと悔しい。東京五輪で最高の滑りを見てもらえるように頑張る。

(共同)