テニスのクレムリン・カップは20日、モスクワで行われ、女子ダブルス決勝で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組が第3シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)ベサニー・マテックサンズ(米国)組を6-2、6-1で破り、ツアーで13日までの天津オープンに次ぐ2週連続優勝を成し遂げた。

31歳の青山と21歳の柴原のペアはツアー大会で今季、通算ともに2勝目となった。青山は他の選手と組み、過去にツアー大会で9勝している。

女子シングルス決勝はベリンダ・ベンチッチ(スイス)がアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)を3-6、6-1、6-1で退け、今季2勝目、通算4勝目を挙げた。(共同)