米プロバスケットボールNBAでロケッツ幹部が香港情勢に関してツイートし、中国から反発を受けている問題に絡み、昨季王者ラプターズが22日に本拠地トロントにペリカンズを迎えた開幕戦の会場外で、香港支持を訴える有志が「香港とともにある」とのメッセージが入ったTシャツを配る抗議活動が行われた。ロイター通信が伝えた。

匿名の参加者によると、トロントではクラウドファンディングを通じて約3万4000ドル(約367万円)が集まり、Tシャツ7000枚が用意された。

中国では同幹部が香港情勢に関して「自由のために戦おう」と投稿したことに批判が高まっている。一方、米国の一部には、リーグやスターのジェームズ(レーカーズ)がこの問題で中国側に配慮しすぎだと非難する声がある。(共同)