米NBAグリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太(25)が所属するGリーグのハッスルと、今季から同リーグに参戦している馬場雄大(23)が所属するレジェンズが開幕戦で対戦した。

昨季NBAデビューしている渡辺は先発し、チーム3番目の36分の出場。シュートは12本中3本しか決まらず、7得点と少なかったものの、両チーム最多の12リバウンドをマークした。第2Qには馬場も登場。Gリーグのコートで日本人2人が躍動した。馬場は5分出場したが無得点に終わった。

渡辺はグリズリーズと最大45日間のチーム帯同が認められており、今後Gリーグで活躍し、昨年同様NBAでのプレーを目指す。