白岩優奈は「成功率は低く、賭けみたいなものだった」と冒頭でルッツ-トーループの2連続3回転ジャンプに挑戦したが裏目に出た。ルッツで着氷が大きく乱れて単発となり、前戦のフランス杯と同じSP7位と出遅れた。

夏に溶連菌、過労によるウイルス性の風邪にかかる不運に見舞われた。体力面には不安が残るが、12月の全日本選手権での完全復活を見据え「フリーでは、前回の大会より少しでもいい演技ができたらいい」と話した。(共同)