卓球女子の伊藤美誠(19=スターツ)が16日、日本協会が定める東京オリンピック(五輪)代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りが確実となった。基準を満たしたのは男女を通じて同競技では初めて。正式決定すれば、16年リオデジャネイロ五輪に続き2度目の五輪出場となる。

日本協会はシングルス代表について、来年1月の世界ランキングで男女とも日本勢上位2選手を選ぶとしている。伊藤は16日のワールドツアー、オーストリア・オープン(リンツ=オーストリア)の女子シングルスで4強入りし、来年1月時点で有効なランキングのポイントで日本勢2位以内が確実となった。