卓球の男子ワールドカップ(W杯)は1日、中国の成都で行われ、張本智和(木下グループ)がシングルス準決勝で、リオデジャネイロ五輪覇者で世界選手権3連覇の馬竜(中国)を4-2で破ったが、決勝は世界ランキング1位の樊振東(中国)に2-4で敗れて準優勝だった。

準決勝で張本は3ゲームを連取した後に反撃されたものの、第6ゲームを11-5で取った。決勝は2-2で迎えた第5ゲームを2-11で落とし、第6ゲームは序盤にリードしながらも逆転で失った。(共同)