オーストリアの裁判所は柔道男子86キロ級で1984年ロサンゼルス、88年ソウルオリンピック(五輪)を連覇した同国のペーター・ザイゼンバッハ氏(59)に、教え子の女子選手2人に対する性的暴行により禁錮5年の有罪判決を下した。2日、AP通信が報じた。

同氏の弁護人は上訴を検討するとしている。

99年から2004年にかけて、当時10代だった教え子に性的暴行を加えたという。ザイゼンバッハ氏はアゼルバイジャンの代表監督として、16年リオデジャネイロ五輪にも参加した。(共同)