グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太はシカゴでのブルズ戦に途中出場し、シュート1本を放って無得点だった。チームは99-106で敗れた。

下部のGリーグでプレーしながら一定期間はNBAに昇格できる渡辺は、3試合続けてベンチ入り。4得点した11月9日以来、今季2試合目の出場だったが、目立った活躍はできなかった。

20-27で迎えた第2クオーター開始からコートに立った。残り8分47秒にゴール下から狙ったレイアップシュートは外れ、シュートはこの1本のみ。守備ではマークが甘くなって得点を決められる場面もあった。4分28秒のプレーで、後半は出場しなかった。(共同)