国際卓球連盟は10日、ワールドツアー上位選手で争う12日開幕のグランドファイナルでビデオ判定を初めて実施すると発表した。男子の張本智和(木下グループ)や女子の伊藤美誠(スターツ)らが出場する同大会で問題がなければ、東京オリンピック(五輪)が控える来年から主要大会で本格導入する。

台の端に当たるエッジボール、サーブのレット(やり直し)などが対象で、主審の判定に不服がある選手は「レビュー」などとコールして映像による確認を要求。1試合に2度の権利があり、抗議が実れば減らない。

4月の世界選手権では女子ダブルス決勝の重要な場面で伊藤、早田ひな(日本生命)組が微妙な判定で得点が認められず、日本協会が国際連盟にビデオ判定導入を要望する事態に発展した。

テニスの「チャレンジ制度」やサッカーの「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」など各競技で同様のシステム導入が進んでいる。(共同)