大正製薬は11日、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で優勝候補のアイルランドを破るなどして初のベスト8入りを果たした日本代表の選手とスタッフの全51人に報奨金として1人当たり200万円を贈呈すると発表した。また日本代表ユニホームを提供するゴールドウインも51人に100万円を贈る。

栄養ドリンク「リポビタンD」のCMにも日本代表を起用した大正製薬は「『ONE TEAM』をスローガンとする組織力に敬意を表すとともに、世界に日本ラグビーの素晴らしさを伝え、日本中に勇気と感動を与えてくれたことに当社一同感謝しております」との談話を出した。同社の報奨金は、3勝を挙げた前回の2015年大会から倍増となる。(共同)