バレーボールの第72回全日本高校選手権最終日は12日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで決勝が行われ、男子は東山(京都)が初優勝、女子は東九州龍谷(大分)が8大会ぶり7度目の優勝を果たした。大会は09年までの全国高校総体の記録を引き継ぐ。

東山はエース高橋を軸に攻撃陣が好調で駿台学園(東京)に3-0で快勝した。東九州龍谷は大黒柱の荒木を中心に攻守がかみ合い、古川学園(宮城)をストレートで下した。