関西運動記者クラブが昨年活躍した選手らをたたえる第63回関西スポーツ賞の受賞者が14日に決まった。表彰式は20日に大阪市内で行われる。受賞者と選考理由は次の通り。

【団体】履正社高硬式野球部(夏の甲子園大会で初優勝)▽大阪桐蔭高ラグビー部(第98回全国高校ラグビー大会で初優勝)▽ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表 トンプソン・ルーク、山中亮平、中島イシレリ、ラファエレ・ティモシー、アタアタ・モエアキオラ、ビンピー・ファンデルバルト(W杯日本大会で初の8強)

【個人】古江彩佳(女子ゴルフツアーでアマチュア優勝)▽寺内健(飛び込みで東京オリンピック日本代表第1号)▽中村輪夢(自転車BMXのW杯で日本男子初優勝)

【特別】近本光司(阪神の主力としてセ新人最多安打記録を達成)▽山本由伸(オリックスで先発を務め最優秀防御率のタイトルを獲得)

【功労】鳥内秀晃(アメリカンフットボールの甲子園ボウルで関学大を12度の優勝に導く)▽大西健(京産大ラグビー部監督)京産大ラグビー部で46シーズン指導し、京産大を4度のリーグ優勝に導いた)