遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれたバドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)は14日夜、入院先の首都クアラルンプール近郊の病院を退院した。病院関係者が15日明らかにした。桃田選手らは15日に帰国の途に就く。

治療を担当したマレーシアの医師は、桃田が顔などにけがを負ったが「1カ月ほどで練習に戻れ、今後の競技に影響はないだろう」との見解を示している。日本協会によると、帰国後は精密検査を受け、3月中旬の全英オープン(バーミンガム)で実戦復帰を目指す。

桃田は12日にマレーシア・マスターズの男子シングルスで優勝。13日午前5時ごろ、帰国のため空港に向かっていたワゴン車が高速道路で大型トラックに追突。運転手が死亡、桃田は顔面3カ所の裂傷と全身打撲、同乗していたコーチの平山優さん、トレーナーの森本哲史さんも骨折などのけがをして治療を受けていた。

桃田選手は2016年リオデジャネイロオリンピック(五輪)には違法賭博問題で出場できなかったが、東京五輪で悲願の出場を確実にしている。(共同)