アルペンスキーの男子スーパー大回転で昨季の世界選手権とワールドカップ(W杯)種目別を制したドミニク・パリス(イタリア)が21日、右膝を負傷して今季絶望となった。

オーストリアでの練習中に前十字靱帯(じんたい)を断裂するなどの重傷を負った。(AP=共同)