女子ショートプログラム(SP)は今季のグランプリ(GP)ファイナル覇者で16歳のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど自身の世界歴代最高に0・53点と迫る84・92点で首位に立った。

2位は77・95点のアンナ・シェルバコワ、3位は74・95点のアレクサンドラ・トルソワで、いずれも初出場優勝を狙うロシア勢が上位を占めた。フリーは25日(日本時間26日)に実施される。

◆アンナ・シェルバコワの話 自分の滑りに満足している。トリプルアクセルはまだ安定感が足りない。確率が上がるまでプログラムには組み込まない。

◆アレクサンドラ・トルソワの話 (トリプルアクセル回避も2回転半の着氷が乱れ)正月休み明けで完全に調子を取り戻せていない。(共同)