2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は15日、3月に始まる五輪の聖火リレーに先立ち、都内でリハーサルを実施した。羽村、国分寺、八王子の3市でランナー約10人が実物のトーチ(長さ71センチ、重さ1・2キロ)を持って、計約2キロのルートを約200メートルずつ走る見通し。

ルート周辺では、走行予定時間の前後を含めて交通を規制。トーチには点火しないが、火がついている想定で受け渡しをし、車両隊列の動きなどを確認するのが狙い。

この日は午前10時半ごろ、羽村市のスポーツセンターで代役のランナーが参加した出発式を実施。第1走者の男性は「選ばれてとても光栄で興奮している。精いっぱい走ります」と述べ、トーチを掲げて走りだした。

聖火リレーの公式アンバサダーを務める女優の石原さとみ(33)もランナーとして参加し、沿道からの声援に「ありがとう」と笑顔で手を振って応えていた。市民の他、多くの自治体関係者らが視察に訪れた。新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大の影響か、マスク姿の人も見られた。

午後は、国分寺市で清流沿いの遊歩道を走り、車両隊列を伴わない走行を試す。八王子市ではこの日のゴール地点の公園に到着後、本番用イベントのテストも行う予定。組織委の広報担当者は「運営面の課題がないか確認したい」としている。

聖火リレーは、3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートし、121日間で全国47都道府県を回る。リレーに参加する走者は約1万人に上る。(共同)