国際卓球連盟は21日、3月22~29日に世界選手権団体戦を予定する韓国の釜山で新型コロナウイルスの感染が確認されたとして、開催の是非を理事会で協議する方針を明らかにした。

22日に韓国協会、釜山市の代表者と緊急会議を開いて状況を確認する。同日に予定した1次リーグの組み合わせ抽選は延期が決まった。

日本は男子の張本智和(木下グループ)や女子の伊藤美誠(スターツ)ら東京オリンピック(五輪)代表を含む男女各5人が出場する。

国際連盟は釜山を視察中で、世界保健機関(WHO)の助言を受けながら韓国政府とも連携しているという。(共同)