NBAウィザーズのロッド・ソーン・ゼネラルマネジャー(GM)相談役が19日、チームの公式フェイスブックでインタビューに応じ、新人の八村塁について「素晴らしいルーキーシーズンを送った。練習熱心で賢いし、今季の新人の中でも最高クラスの1人だ。来季はさらに良くなるだけ」と語り、高く評価した。

ソーン相談役はブルズのGMだった1984年にドラフト全体3位で後に「神様」と呼ばれるマイケル・ジョーダンを指名したことで知られる。92年バルセロナ五輪をはじめ米国代表「ドリームチーム」の編成責任者も務め、2018年にバスケットボール殿堂入りを果たしている。(共同)