新型コロナウイルスの影響で全国高校野球選手権大会が中止となったことを受け、萩生田光一文部科学相は22日の閣議後の記者会見で「成果を競い合う集大成の場が設けられることが望ましい。地方大会の成績が証しとなるように優勝校を表彰することを考えている」と述べ、代替となる大会の開催を後押しする考えを示した。

全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止も既に決まっている。萩生田氏は「スポーツ推薦での進学を希望する生徒にとって3年の大会成績は重要」とし、進路選択の可能性を広げる観点からも何らかの大会の開催は有意義だとの考えを示した。「生徒を思いやると掛けるべき言葉が見つからないほど心が痛む」と、厳しい状況の高校生をいたわった。