全日本柔道連盟(全柔連)は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が42府県で解除されたことを受け、今月末まで自粛要請していた練習再開の指針を3段階にまとめ、全国に通達した。当該地域は使用前後の畳など共用場所の拭き掃除や消毒など全柔連が示した感染予防措置を徹底した上で、6月1日から畳での練習再開が可能となる。宣言発令中の4都県と北海道も解除されれば練習できる。

第1段階は1時間以内で、受け身など相手と組み合わない内容に限定。学校や部活動が再開されれば第2段階に移り、1時間程度で寝技を含む打ち込みや投げ込みができる。ここまではマスク着用と練習参加人数の制限が義務付けられた。

実戦形式の練習となる乱取りは第3段階からだが、各都道府県が定める地域ごとの新規感染者が4週間以上を目安に出ないとの厳しい条件を課した。対外試合の開催や観客制限は第4、5段階とし、改めて通達する。金野潤強化委員長は「1つでもできることが増えるのは前進だ。明るく捉えている」と述べた。