世界バドミントン連盟(BWF)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断しているワールドツアーの新たな日程を発表し、ツアーで格付けが高い大会では6月に予定していたインドネシア・オープンが11月17~22日、当初は3~4月だったマレーシア・オープンが11月24~29日に組み込まれた。

上位選手のみが出場するワールドツアー・ファイナル(広州=中国)は1週間遅らせ、12月16日開幕に変更。ジャパン・オープンは当初と同じ9月22~27日となっている。