大リーグのヤンキースやメッツ、プロバスケットボールNBAのニックス、ネッツなどが本拠を置く米ニューヨーク州のクオモ知事は24日、プロチームに州内での練習再開を許可したと表明した。同州は新型コロナウイルスで深刻な被害が出ている。

大リーグで機構と選手会が協議中の開催案では、中断しているキャンプを再開する場合、場所の選定は各球団に任されている。田中将大投手の所属するヤンキースは地元メディアによるとフロリダ州の施設を予定。NBAは外出禁止令が解除された州や市に限って施設利用を許可しており、既に一部チームで個人練習が始まっている。(共同)