柔道女子78キロ超級で18年世界選手権優勝の朝比奈沙羅(23)が4月末にパーク24を退社していたことが30日、関係者の話で分かった。

今春に栃木県の独協医大医学部に入学したことにより、契約社員の契約更新を希望しなかったという。全日本柔道連盟の公式ホームページでは所属がない状態になっている。