日本体操協会は30日、緊急事態宣言解除に伴い6月1日から内村航平(リンガーハット)が、東京都北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用を開始すると発表した。

体操協会はNTCで同時に練習できる選手数を男女各6人までに定めるなど、新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインを作成した。利用できる人数や時間を段階的に増やしていく方針。