アイスホッケーのアジア・リーグは2日、昨年創設された「横浜グリッツ」が2020-21年シーズンから参入すると発表した。

本拠はコーセー新横浜スケートセンター。同リーグで東京近郊のチームは09年に廃部となった西武以来12季ぶりとなる。来季のアジア・リーグは日本、韓国、ロシアから計8チームが参戦する予定。新型コロナウイルスの影響で開幕時期は未定。昨季は昨年8月から今年2月まで7チームでレギュラーシーズンが争われた。4チームによるプレーオフはサハリン(ロシア)とハルラ(韓国)が勝ち残った決勝がウイルス禍で中止された。(共同)