団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構は3日、各競技が新型コロナウイルス感染防止策として実施する無観客試合の代替名称について、ツイッターで公募を開始した。投稿に「#無観客試合を変えよう」と付記することで応募でき、9日まで受け付ける。

無観客試合は制裁など後ろ向きなイメージと結び付くため、サッカーJリーグの村井満チェアマンが「感染拡大を阻止し、スポーツ文化を守っていくための運用とは意図するものが全く違う」として、新たな呼称の考案を提唱していた。

新名称は機構に加盟するJリーグ、バスケットボール男子Bリーグ、ラグビーのトップリーグ、バレーボールのVリーグなど12リーグを中心に選定する。(共同)