2024年パリ・オリンピック(五輪)の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会は3日、大会組織委員会とビデオ会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で21年に延期となった東京五輪の次の夏季大会として、当初の計画通り24年7月26日~8月11日に開催すると確認した。

経費削減策として、五輪・パラリンピックの選手村のベッド数を約1万7000床から約1万4000床に減らすことも報告された。IOCは「より強化した大会運営戦略には、東京五輪の最適化で用いた多くのものを取り込む」と意欲を示した。(共同)